街歩き動画に最適なはじめてのアクションカメラ選び

はじめてのアクションカメラ選び

最近ではカメラの性能も上がり、アクションカメラを普段使いのカメラとして使用する機会も増えてきました。

最新の機種では、強力な手ブレ補正機能に加え、4K解像度での撮影も可能で、以前は「ジンバル+一眼レフ」を使わないと撮影できなかったなめらかで高画質な映像をより簡単に撮影することができます。

また、アクションカメラは軽量でコンパクトなので、歩きながらの手持ち撮影でも負担にならず、街歩き動画の撮影にも最適です。

このページでは、そんな街歩き動画の撮影に適したアクションカメラをご紹介します。

このページで紹介している商品はすべて【Rentio】でレンタルできます。

\ 購入前に試してみた人にはおすすめ! /

GoPro HERO8 Black

GoProより引用

言わずと知れたアクションカメラの先駆者、GoProの2019年10月発売予定の最新モデルです。

街歩き用のカメラとして重要なポイントの強力な手ブレ補正と広角レンズを備えています。

【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW + 非売品ステッカー 【国内正規品】
GoPro(ゴープロ)

前モデルから大幅に進化した手ブレ補正

前のモデル(GoPro HERO7 Black)でも、すでにジンバル要らずと言われた強力な手ブレ補正を備えていましたが、それがパワーアップして、さらに強力な手ブレ補正(HypweSmooth2.0)が搭載されました。

参考までに、海外の方がマウンテンバイクに乗って撮影したレビュー動画をご覧ください。

向かって右側が、GoPro HERO8 Blackですが、手ブレ補正機能が、前モデルよりもはるかに進化していますね。

正直、街歩き動画にここまでの手ブレ補正はいらないかもしれませんが、ここまで手ブレ補正が効くと、撮影時にカメラを少々ゆらしても大丈夫という安心感はあります。

広角レンズでの撮影が可能

街歩き動画を撮影するにあたって重要なポイントの1つが画角です。画角があまり狭いと臨場感がなくなるので、できれば広角レンズでの撮影が望ましいです。

その点、GoPro HERO8 Blackでは、画角を4つのレンズ(狭角、歪みのないリニア、広角、スーパービュー)から選択することができます。

前のモデルでは、4K動画を撮影したい場合、広角かスーパービューでしか撮影できませんでしたが、GoPro HERO8 Blackでは、歪みのないリニアでの4K60pの撮影が可能になりました。

【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW + 非売品ステッカー 【国内正規品】
GoPro(ゴープロ)
GoPro HERO8 BlackのGood Point !
  • 強力な手ブレ補正
  • 撮影できる画角が広い
  • アクセサリーが豊富
  • 前モデルと比べて動作が改善
GoPro HERO8 Blackの気になる点
  • 夜の撮影に弱い
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 操作がもっさりしている

GoPro HERO7 Black

GoProより引用

最新機種が発売されることにより、型落ちとなったGoPro Hero7 Blackですが、それでもまだまだ古い感じはせず十分に使えます。

むしろ型落ちになって値段が下がったことで、かなりお買い得になりました。

街歩きには十分な手ブレ補正機能を備えていますし、最新のモデルよりも1万円安く買えるので、高性能のアクションカメラを安く手に入れたい方にはおすすめです。

GoPro HERO7 BlackのGood Point !
  • 最新のモデルよりも1万円ほど安い
  • 最新モデルと比べると見劣りするが、それでも強力な手ブレ補正
  • 撮影できる画角が広い
  • アクセサリーが豊富
GoPro HERO7 Blackの気になる点
  • 夜の撮影に弱い
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 音がいまいち
  • 熱暴走をしたり、動作が不安定
  • 操作がもっさりしている

DJI Osmo Pocket

DJIより引用

ドローン有名なDJIから発売されたジンバル一体型のカメラです。

アクションカメラではありませんが、コンパクト&軽量で街歩きにぴったりのカメラです。

GoProと比べると、画角の狭さが気になりますが、専用のワイコン(広角レンズ)が発売されています。

ただ、レビュー動画を見ると、取り付けの手間と周辺部の湾曲が気になります。

また一部のレンズでは、取り付けると微振動が起こるそうなので、少し様子を見た方が良いかもしれません。

【2019年12月追記】
ファームウェアのアップデートで微振動の問題に対応し、Kenkoのワイドアングルレンズだったら、問題なく動作するようになったそうです。

DJI Osmo PocketのGood Point !
  • ジンバル一体型でコンパクト
  • GoProと比べて夜の撮影に強い
DJI Osmo Pocketの気になる点
  • 画角が狭い
  • バッテリーが内蔵型

SONY FDR-X3000

SONYより引用

FDR-X3000は、さすがソニーのアクションカメラといったところで、画質も良く空間手ブレ補正もよく効いて街歩き用としてはとても良いカメラです。

ただ残念なのが、発売日が2016年の6月と発売から少し時間が経ってしまっています。

もちろん、今でも良い製品には違いありませんが、わざわざ買うには少し決め手不足でしょうか。

現在の最新技術を使った後継機が発売されれば、最有力候補になってくると思いますが、今の所そういう噂もなさそうです。

SONY FDR-X3000のGood Point !
  • 画質が良い
  • 他のアクションカメラと比べて音が良い
SONY FDR-X3000の気になる点
  • 発売から時間が経っている
  • ボディ色が白のみ

街歩き動画に最適なはじめてのアクションカメラ選び – まとめ

どのカメラも一長一短ありますが、はじめてのアクションカメラを買うとすれば、やはり最新のGoPro Hero8 Blackがオススメです。

激しい運動の撮影をされない方には、GoPro Hero7 Blackでも十分で、こちらの方がコスパは高いです。

Osmo Pocketはおもしろいカメラですが、街歩きにはやはり画角が気になりますね。

ただ、頻繁にバージョンアップをしていますし、これから先に期待しましょう。

アクションカメラが1台あると、旅行に行っても普段とは違う映像が撮れておもしろいですよ。

旅行の時だけではなく普段歩いている街並みも、こういうカメラで撮影すると、またいつもとは違う面が見れて新たな発見があるかもしれませんね!

このページで紹介している商品はすべて【Rentio】でレンタルできます。

\ 購入前に試してみた人にはおすすめ! /